手塚治虫の一生

メディア出演


意外にもテレビに出まくっている手塚治虫

 当時を生きていない人たちにとっては意外に感じるかもしれませんが、手塚治虫はその過密すぎるスケジュールの合間を縫ってテレビ番組などにも出演したり、ドキュメンタリー番組にも出演しております。特にその仕事っぷりだけでなく、作品について詳しく語る手塚治虫の姿を今でもなお見ることができるのです。

漫画描こう!

テレビ

  • スター千一夜(昭和40年)
  • 教養特集アニメーション映画の将来(昭和42年)
  • バンパイヤ(昭和43年)
  • 文化展望日本アニメーション史(昭和48年)
  • テレビ討論-マンガブームをどう見る-(昭和48年)
  • お笑いオンステージ減点パパ(昭和49年)
  • オーケストラがやってきた-有名人指揮者大会-(昭和51年)
  • 11PMケッ作集中!!手塚治虫マンガ大全集(昭和52年)
  • この人と語ろう(昭和52年)
  • 少女探偵スーパーW(昭和54年)
  • 水曜スペシャル-ロボット特集(昭和54年)
  • わたしの自叙伝手塚治虫~こども漫画33年~(昭和54年)
  • オーケストラがやってきた-手塚治虫の語るモーツァルト(昭和54年)
  • 朝のテラス(昭和55年)
  • 徹子の部屋(昭和55年)
  • 女の人手帳-漫画に託す(昭和55年)
  • 鉄腕アトム最終回「アトムの初恋」(昭和56年12月23日)[148]
  • ポップスクラブ手塚治虫ディズニー賛歌(昭和57年)
  • ジュニア大全科-手塚治虫探検隊思春期を行く(昭和57年)
  • YOU-映像はぼくらのホビーだ(昭和57年)
  • 日曜美術館-私と鳥獣戯画(昭和57年)
  • この人「手塚治虫ショー」-わが夢はるかアトムと飛んだマンガの青春(昭和58年)
  • スーパーマンスペシャル(昭和58年)
  • この人「藤子不二雄ショー」-ふたりで一人のまんがランド(昭和60年)
  • ぴったしカン・カン(昭和60年)
  • お笑いマンガ道場(昭和60年)
  • 手塚治虫創作の秘密(昭和61年)
  • ETV8文化ジャーナル(昭和61年)
  • スタジオL-宇宙は輝く音楽だ(昭和61年)
  • 徹子の部屋(昭和61年)
  • ワンダービートS手塚治虫のミニミニトーク(昭和61年)
  • 時の人(昭和61年)
  • なるほど!ザ・ワールド(昭和61年)
  • わくわく動物ランド(昭和61年)
  • スタジオL-漫画の主人公は超人だった(昭和62年)
  • テレビ探偵団-手塚治虫特集(昭和63年)
  • 加山雄三ショー(昭和63年)

映画

  • ヒポクラテスたち(昭和55年)
  • 妖怪天国(昭和61年)

ラジオ

  • キャスター(昭和40年)
  • 手塚治虫のオールナイトニッポンスペシャル(昭和62年)

CM

  • クリープ(コーヒー用粉ミルク)
  • 日本デジタル研究所文作くん(ワープロ専用機)(昭和58年)
  • 瀧本スクールタイガー学生服(?-昭和61年頃?)
  • 協和発酵「カラダワンダーランド」シリーズ(昭和61年-死去前?)
  • トヨタ・プリウス(初代。本人没後に遺影を使ったもので、本人は関与していない)

おすすめ手塚作品 医療事務 専門学校をお探しなら早稲田速記医療福祉専門学校がおすすめ

CD

  • 「立川談志ひとり会」特典CD「とっておきの二大対談」
    昭和60年国立劇場における、談志との対談が収録されています。
  • オーディオドラマ火の鳥(CD12枚組)(日本音声保存)
  • 手塚治虫講演CD集~未来への遺言~CD6枚組~(日本音声保存)

合わせて読みたい作品// 基本料金プラン¥100000〜!こちら→のランディングページ制作サービスはデザイン費用・コーディング費用、ABテスト用画像、キャチコピー2案となっております。お見積り依頼はお気軽にどうぞ!
あなたのご希望を伊勢崎 賃貸がうかがいます。地域によっては「コンドミニアム」は比較的低層の集合住宅を意味することがあるそうです。

手塚治虫の一生

不朽の名作//