手塚治虫の一生

リボンの騎士


 『リボンの騎士』(リボンのきし)は、手塚治虫による漫画、及びアニメ作品で、これは後の戦う少女モノという現在に続く作品のモデルを作ったとも言える作品となっています。また当時は少女漫画の代表作ともなっていました。また、この作品は、当時の宝塚などにも影響を受けていたようで、その表現の中にもチラホラと宝塚歌劇団の影響とも思える表現が散見しております。

主なキャラクター

サファイア

声:太田淑子、白石冬美(パイロット版)、冬馬由美(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

 本作の主人公で女の子なのですが、男の人しか王位につけない国の王女として生まれてしまったため、男の人として育てられており、公には王子ということにされています。しかし、途中からは亜麻色の髪の乙女として隣国の王子に想われ、「リボンの騎士」に変装して悪政と戦って行くこととなります。この時代にボクっ子なる概念を創りだしたのが彼女だとされています。

漫画描こう! 焼き芋に適したさつまいもを敢えてほしいもにしたらどんな風になるのか、気になりませんか? 芋は芋でも同じ芋でここまで味の違いが出るのは干し芋 紅まさりだけ! 食べたくなったそこのあなた、是非当園の通販サイトをご利用下さい!

チンク

声:貴家堂子、熊谷ニーナ(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

 天使の子どもであり、サファイア自体に男の心をうっかり入れてしまった張本人です。アニメ版ではその具体的な描写は省かれておりますが、原作でもアニメでも同じく、罰として地上へ下ろされ、サファイアを補佐します。

フランツ・チャーミング

声:喜多道枝、井上真樹夫(代役)、宮田幸季(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

 隣国ゴールドランドの王子。サファイアが変装した亜麻色の髪の乙女に恋します。一人だけドイツ風のファーストネームの持ち主です。

王様

声:小林恭治、丸山詠二(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

サファイアの父。

王妃

声:新道乃里子、山田美穂(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

サファイアの母。

魔王メフィスト

声:塩見竜介、納谷悟朗(パイロット版)

原作では魔法博士として少女クラブ版にのみ登場。原作ではサファイアの女の心を狙い、アニメではヘル夫人と夫婦でサファイアの男の心を狙うが、最期はX連合からヘケートを守り、大魔王によって山に姿を変えられてしまう。

ヘル夫人

声:志摩燎子→来宮良子

原作ではなかよし版にのみ登場。アニメではメフィストと夫婦という設定。原作ではサファイアの女の心を狙い、アニメでは男の心を狙うが、最期はX連合からヘケートを守り、大魔王によって湖に姿を変えられてしまう。

ヘケート

声:荘司美代子→白石冬美→武藤礼子→栗葉子

メフィスト・ヘルの娘。少女クラブ版・なかよし版・アニメで設定がぜんぜん異なります。少女クラブ版ではメフィストの実の娘ですが、乱暴な性格で父親の悩みの種。困り果てたメフィストが、もっと女らしい性格にするために、サファイアの女の心を狙うことになります。

なかよし版では、ヘルが「大国の王子と結婚させるために、魔法で造った娘」で、性格も乱暴というより蓮っ葉。ヘルが「本来の目的」のために、サファイアの女の心を狙うことになります。

アニメではメフィスト・ヘル夫婦の一人娘で、原作とは逆に、魔女としてはあまりに優しく、おとなしすぎる性格。魔法もあまり使えありません。「このままでは魔女として一人前になれない」と心配した両親が、もっと強気な性格にするために、サファイアの男の心を狙うことになります。

原作では、いつの間にかフランツを本気で愛してしまい、それゆえに命を落とすことになります。特になかよし版では、フランツのために、そうすれば自分も死ぬことを知りながら母親を殺すという、最も悲劇的な立場を演じています。

ジュラルミン大公

声:雨森雅司、熊倉一雄(パイロット版)、茶風林(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

王様のいとこ。息子のプラスチックを王にするため(ジュラルミン本人に王位継承権はない)、サファイアの正体を暴こうと画策します。なかよし版では己の罪を悔いて自害します。少女クラブ版とアニメではナイロンの裏切りによって暗殺されてしまいます。

プラスチック

声:北川智恵子

ジュラルミンの息子。年なんかよりも幼い言動で側近の手を焼かせる。なかよし版ではサファイアの男の心を飲み込んでしまい、一転して名君になります。

ナイロン卿

声:納谷悟朗、掛川裕彦(KYOTO手塚治虫ワールド上映版)

ジュラルミンの腹心。悪知恵に長けています。ジュラルミンには出世欲から従っているだけで、少女クラブ版・アニメ版ではジュラルミンを裏切って暗殺します。

ガリゴリ

声:近石真介

王室の従事。

主題歌

OPテーマ1:「リボンの騎士」(インストゥルメンタル)

作曲・編曲:冨田勲/演奏:フール・サンズ

第1話から第26話まで使用。

OPテーマ2・3:「リボンの騎士」

作詞:能加平/作曲・編曲:冨田勲/歌:前川陽子、ルナ・アルモニコ

第27話から第52話まで使用。

いわゆる「王子編」と「王女編」では歌詞のみでなくリズムと音律も異なり、前者の冒頭にはサファイヤ(太田淑子)のセリフが入っています。

レコード用のステレオ音源では「王子編」の歌詞が使われた(セリフなし)。

EDテーマ:「リボンのマーチ」

作詞:能加平/作曲・編曲:冨田勲/歌:前川陽子、ヤング・フレッシュ

スタッフ

総監督:手塚治虫

チーフディレクター:赤堀幹治、勝井千賀雄

デザイナーディレクター:大貫信夫

アニメーションディレクター:上口照人

レイアウト:藤本四郎

作画監督:中村和子(穴見和子)、宮本貞雄

  • 作画制作:若尾博司、上口照人
  • 美術監督:西田稔、あべこうじ
  • 美術:西田稔、槻間八郎、竹内俊英
  • 色彩設定:沢井裕之
  • 撮影監督:熊谷幌史
  • 編集:古川雅土
  • 資料:飯塚正夫、岡野憲一
  • 音楽:冨田勲
  • 指揮:横山菁児
  • 演奏:フールサンズ(セレナーダス?)
  • 音響監督:田代敦巳、明田川進
  • 効果:虫プロ効果団(浦上靖夫・月岡弘)
  • 録音:東京スタジオセンター(熊谷良兵衛)
  • 現像:東洋現像所
  • 設定監督:瀬山よしふみ
  • 制作担当:小柳朔郎
  • 制作事務:浅見民子、林小夜子
  • 担当制作:斉藤一郎、渋江靖夫他
  • プロデューサー:渡辺忠美
  • 制作:虫プロダクション、フジテレビ(別所孝治)

おすすめ手塚作品

放映リスト

  • 王子と天使
  • 魔王登場の巻
  • 武術大会の巻
  • 踊れフランツ
  • 怪物の谷
  • コビトと巨人
  • のろいの白鳥
  • 幻の馬
  • こわされた人形
  • サファイヤのカーニバル
  • ねむりの精
  • おんぼろ王子
  • ばらの館
  • 七匹の仔やぎ
  • 黄金のキツネ狩り
  • チンクとコレットちゃん
  • さよならユーレイさん
  • ふしぎなカガミ
  • 魔法のペン
  • 怪獣カゲラ
  • 世界一のおやつ
  • たいかん式の巻
  • リボンの騎士現わる
  • 嵐のかんおけ塔
  • 王様バンザイ
  • 雪の女王
  • 急げ!黒雲島の巻
  • 鉄獅子
  • 雪の女王の最後
  • 空とぶ怪盗
  • チンクと海のお姫さま
  • サファイヤの宝
  • ピラミッドの怪人
  • 巨鹿ムース
  • 飛行船を追え!
  • 帰ってきた大魔女
  • サファイヤを救え!
  • 騎士の掟
  • ビーナスのねたみ
  • 恐怖のX帝国
  • おちゃめなテッピー
  • ねずみ取り大作戦
  • ワナにかかったサファイヤ
  • さけぶ白ワシ
  • チンクとゆうれい船
  • ふしぎの森のサファイヤ
  • さまようフランツ
  • 海にきえたサファイヤ
  • ヘケートのほほえみ
  • バベル城の黒騎士
  • 燃えるシルバーランド
  • シルバーランド幸せに
手塚治虫の一生

不朽の名作//