手塚治虫の一生

鉄腕アトム


 鉄腕アトムはある意味では手塚治虫を象徴する漫画、アニメシリーズで、特にそのアニメに関して言えば、非常に高い視聴率をたたき出している怪物番組だったそうで、一時は、悪書追放運動による影響で燃やされたりといった憂き目に合うこともありましたが、今では、日本でも世界でも知らない人はほとんどいないほどの作品となっています。特に、この番組や漫画に影響を受けて、ロボット工学へと進んだ人もかなり多く、ロボットに関する技術力で、日本が強いのも、この漫画が原因なのではないかとまことしやかに語られています。

漫画描こう! 地域によっては「コンドミニアム」は比較的低層の集合住宅を意味することがありますが、あなたのご希望を伊勢崎 賃貸がうかがいます。

登場キャラクター

アトム

 アトムは元々、『アトム大使』では脇役だったものの、『少年』編集長の金井武志は「弱さや人間らしい感情のあるロボットを主人公にすれば読者に受け入れられる」と手塚に提案したことによって、アトムを主人公として設定をほんの少し変更した上で描かれたのが本作です。特に原作の公式設定では、平成15年4月7日がアトムの誕生日だとされています。天馬博士によって作られた彼は当初、交通事故死した息子、「トビオ」と呼ばれていました。トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットでありましたが、人間のように成長しない事に気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまいます。そして、サーカスにおいて団長に「アトム」と名付けられ、そのうち感情を持つロボットに対し、人間と同じ様に暮らす権利が与えられるようになると、アトムの確率に着目していたお茶の水博士に引き取られた。そして情操教育としてロボットの家族と家を与えられ、人間の小学校に通わされるようになります。学校での生活は、同級生達と紆余曲折しながらも仲良くやっているという描写があります。

 このアトムですが、性格は真面目で正義感が非常に強いものの、時にロボットである自分に苦悩や葛藤を抱くこともあり、そういう意味ではある種人間らしいといえるのかもしれません。また「アルプスの決闘の巻」では複雑な感情を抱けない(芸術や自然への感動や恐怖心がない)という劣等感から、お茶の水博士に人造心臓を取り付けてもらい人間と同レベルの感情を一時的に得たことがあります(その後両親をさらった敵との戦闘で恐怖から手も足も出なくなったためケン一によって人造心臓を破壊された)。

 このアトムの独特な髪型は、作者である手塚のくせ毛がモデルとされていて、実際にリメイク版鉄腕アトムであるPLUTOでは、これが完全に寝ぐせとして表現されています。

 また、余談ですが、アトムの怪力を実現するには複数のアクチュエータと関節をフレキシブルに結合して、複数のアクチュエータを必要に応じて協調し大出力や高速動作を実現する多自由度干渉駆動技術が必要となります。この技術に関しては、筋電義手の研究開発を行なっている電気通信大学の横井浩史教授が研究しており、徐々に実用段階へと進みつつあるようです。

アトムの家族

ウラン

科学省製;お茶の水博士指揮。

アトムの誕生日のプレゼント用に、妹として作られた女の子のロボット。アトムのような7つの能力を持たないものの、10万馬力の力を持ちます。

地上最大のロボットの巻等しばしば悪人にアトムを倒すための人質に取られることがあります。お転婆で、まれにお兄さん思いの一面も見せます。

コバルト

科学省製;お茶の水博士指揮。

アトムが水爆の起爆装置を止める作業中に突如行方不明になった時、アトムの代理を果たすためにお茶の水博士が作ったロボット。アトムと同じ力を持ちます。しかし、アトムにある一番精巧な部分を持っていないために、細かい作業が出来ありません。

体内のオメガレーダー内のイプシロン線が左巻きになっている為、アトムのオメガレーダーと同じ信号を出し、お互いに呼び合う事が出来ます。

連載時は「ミドロが沼の巻」で自爆しますが、後に改訂されて生き残っています。一度壊れた後はウランと共に再登場した際には飛行能力等のアトムの持っている能力は失われていた。

原作ではアトムの弟という設定だったのですが、アニメ1作目では大掃除のごみの中から見つかった、天馬博士がアトム以前に作ったロボットのため兄になっています。どちらも双子という設定。アニメ2作目、3作目には登場しません。

エタノール(アトムのパパ)

地方のロボット工場製。

鉄腕アトムとしての連載第1話である「アトムの両親」にてお茶の水博士が、「アトムにはロボットの親を」というタマオ(大目玉男)の意見から、民間のロボット工場に注文、アトムの進級祝いとしてプレゼントされました。『アトム今昔物語』では、お茶の水博士がコツコツつくって、ロボット人権宣言後、サーカスから自由になるのを待って、プレゼントしました。

アトムより後に生まれたため小学校ではアトムの後輩。短絡的な部分もあるがアトムを守ろうとした考えの裏返しでそうなってしまうことが多いです。アニメ第3作には登場しません。

なお『新・鉄腕アトム』ではデザイン変更に伴い後頭部にエネルギーを蓄えるネジのような物が追加されました。

リン(アトムのママ)

地方のロボット工場製。

パパと同時に作られた。顔はお茶の水博士の亡き妻に似ているという訳で博士が選んです。『アトム今昔物語』ではアトムが生みの親である天馬夫妻の顔を希望したことから、天馬星江の顔となってます。アトムをよく理解してくれています。パパ共々アニメ第3作には登場しません。

エタノール同様、デザインは徐々に変化が加えられていった。

チータン

ウランの弟。

最も後期に作られたウランの弟ロボット。1万馬力を誇り、泣き声で周囲を破壊してしまう。外見はおおかた赤ん坊。漫画版はファンクラブ会報である「鉄腕アトムクラブ」にのみ登場し「少年」では登場せずに、アニメ第1作では第165話より登場しています。

おすすめ手塚作品

人間

お茶の水博士

現科学省長官。トレードマークの鼻は、作者である手塚治虫の団子っ鼻に由来します。ウランやコバルト等のロボットを造り、アトムの良き理解者でも保護者でもあります。鼻に特性のある顔立ちは手塚治虫の作品中、「火の鳥」等殆どの作品に継承されています。アトムの生みの親と誤認される事が多いが、正確にはアトムの「育ての親」に当たる。お茶の水と言う名前の由来は御茶ノ水駅です。曾孫はタイムマシンの発明者。英語版ではDr.Elefun(Ele+Fun=電子工学愛好者、Elephant=鼻が象のように大きい、というダブルミーニング)、Dr.O'Shay等の名前になっています。作中では語られないが「火の鳥」に登場する猿田彦を始祖としていて、猿田彦を始祖とした者は彼の犯した数々の悪行を清算するために酷い目にあう宿命にありますが、罪の清算が終わりつつある結果としてお茶の水博士が設定され、アトム作中でお茶の水博士が事件に巻き込まれ酷い目にあったり果ては死にかけたりするのはまだ罪が残っているためらしい。

その体格と推定される年(昭和10年(昭和10)生まれの68歳)から緩慢な動作が多いが、原作ではアトムをも破壊したロボット「青騎士」(ブルー・ボン)を、不意をついたとは言え破壊したブルグ伯爵を怒りに任せて自らの手で制裁し、最後はトレードマークの鼻でくい打ちにしてしまった事もあります。

天馬博士

本名は天馬午太郎。丙午生まれ。アトムの生みの親。群馬県出身。練馬大学卒業。幼くして事故死した息子、飛雄への思いからアトムを製作します。しかし、アトムをサーカスに売ってからはアトムに会う事はほとんどなく、隠遁者として生活しています。技術者としては非常に優秀ですので、お茶の水博士なんかよりも高い技術を有します。一方で高級官僚的エゴイズムをも持ち合わせています。実際の所生物学者でもあるらしい。影から常にアトムを見守っていて、アトムを危機から救う事もあります。

『アトム大使』において、アトムを製作した経緯がすでに説明されていますが、同時に「赤シャツ隊」という実行部隊を率いて「宇宙人」(地球人とほとんど同じ顔かたちをして宇宙を漂流していました。地球に移住する)を、「細胞収縮液」によって矮小化する「粛清」を実行する役どころでもあります。最後には自らが細胞収縮液を浴びて「消えて」しまった。このため、『鉄腕アトム』の『少年』連載版で再登場(昭和31年1月号別冊付録の「アルプスの決闘の巻」)した際には、『アトム大使』では服を脱ぎ捨てていただけで、無事に逃げていたという説明がなされました。この箇所は単行本ではカットされています。一方、光文社の最初の単行本(昭和31年)1巻冒頭に書き下ろしで追加されたアトムの生いたちでは「そして博士がなくなったとき…飛雄はそのすばらしいちからもしられずに名もないロボットサーカスにうられてしまったのです」と記された上に黒枠のついた天馬の写真が描かれていて、「死亡した」ということにされていました。

性格は原作とアニメ等で微妙に異なり、原作では純粋にアトムに裏切られてより後改心して、かつアトムを愛しているという描写がなされています。科学省長官を解任された後も、自分の隠れ家でロボットの研究を続け、アトムより上のロボットを作り上げています。ただしエゴイスティックな性格は変わっておらず、後に強引にアトムを取り戻そうとして失敗します。

アニメ第3作では性格の描写が他と比べ大きく異なり、『天馬博士の真の目的はアトムをロボットの王にし、更に自分もロボットになり、ロボット達の神となることであった』とされ、非常にエゴイスティックな天才科学者として描かれています。アトムをはじめ心を持ったロボットは人間を超えて進化するという主張をし、お茶の水博士と衝突します。つまりアトムを自分の目的のために利用しようとしたのですが、アニメ第3作の最終回ではアトムと親子として和解し、自首しました。

原作でアトムを10万馬力から100万馬力にしたのも天馬博士です。

なお産経新聞版の「アトム今昔物語」の連載時には、彼の少年時代が描かれています。少年時代は「トミー」と言う混血孤児で、「ドロッピー」なる秘密結社に入ってていましたが、タイムスリップしてきたアトムに出会ったことで改心し、いつの日かあのようなロボットを造ろうと決めていたとありますが、単行本化された時に削られています。

ヒゲオヤジ

本名、伴俊作(ばんしゅんさく)。アトムの通うお茶の水小学校の先生。元私立探偵。お茶の水博士とも親しく、アトムの良き理解者。江戸っ子で、卑怯な事が大嫌い。手塚治虫の作品中、メトロポリス等殆どの作品に登場します。アニメ第3作では専業の探偵として登場。

敷島健一

アトムの同級生。初期の手塚作品で殆どの主役を演じたキャラクターですので、「アトム大使」では主人公格でした。その後はアトムの良き親友となるが、優等生的な性格故に目立たありません。ブラジルに移住したこともあります。アニメ第3作では海外の視聴者を意識して、黒人に変更されたが、やはり目立てありませんでした。

大目玉男(おおめ たまお)

アトムの同級生。愛称は「タマちゃん」。名前の通り、ひどい近眼のためにかけている大きな眼鏡と帽子が特性。「アトム大使」から登場。気が弱くて慌て者です。アニメ第3作では、服装と帽子が欧米の子ども風に変更されたが眼鏡はそのまま。顔や眼鏡をかけているのは幼少期の手塚治虫のものを流用しています。

四部垣

アトムの同級生。「鉄腕アトム」になってから登場。体が大きく、ガキ大将格。また裕福な家庭の子弟で、最新鋭の電化製品等が自宅にあります。アニメ第3作では金髪の白人少年風キャラに変更されました。

田鷲警部

警視庁捜査一課長。痩身で大きな鼻の下にタワシのようなヒゲを生やしています。ロボットに対して厳しいキャラクターで、しばしばロボットやアトムへの不信感を口にし、お茶の水等と対立します。

中村警部

田鷲の同僚。小太りで、田鷲が私服なのに対し常に警官の制服を着ています。田鷲とは対照的にロボットやアトムには温情的。アニメ第3作では登場していません。

スカンク草井

「電光人間」の回で登場した悪役。「アトムは完全じゃねえぜ、何故なら悪い心を持たねえからな」という発言をしてアトムに衝撃を与えています。その後も何度か出演し、映画俳優のリチャード・ウィドマークがデザインのモデルだそうです。

手塚治虫の一生

不朽の名作// 着物レンタル/留袖レンタル3980円,モーニングレンタル5250円,袴レンタル1980円,七五三レンタル3980円であります。まずはレビューをご確認ください!レンタルするなら京の夢小路にぜひおまかせください!