手塚治虫の一生

手塚治虫の一生


 手塚治虫(てづかおさむ、本名:手塚治、昭和3年(1928年)11月3日-平成元年(1989年)2月9日)は、日本の漫画家であり、アニメーターであり、更には医学博士でもある人物です。彼は戦後日本においてストーリー漫画の手法を確立し、現代につながる日本の漫画表現の根本を作った人物となりました。彼は大阪府豊能郡豊中町(今の豊中市)で生まれ、五歳の頃は兵庫県宝塚で育ち、大戦期を旧制中学で過ごしました。そして、大阪帝国大学附属医学専門部在学中の昭和21年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』にて漫画家デビューを果たしました。その後、昭和22年には酒井七馬原案で始まった描き下ろしの単行本である『新宝島』がベストセラーとなり、大阪に赤本の一大ブーム(当時の子供向け漫画が赤い表紙の物が多かったことから少年向け漫画ブームの事を指す)を引き起こす火付け役となりました。昭和25年からは、漫画雑誌に登場し、『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『ジャングル大帝』といった超ヒット作を次々と世に送り出して行きました。

 また昭和38年には、自作をもとに、日本では初となるテレビアニメシリーズである『鉄腕アトム』を制作し、現代につながるテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼしました。その勢いも、昭和35年代後半より一時低迷してしまったものの(劇画ブームによるものらしいです)、『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』等のヒット作により復帰を果たします。更に、『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』などといった青年漫画においても傑作を数多く作り上げ、デビューから平成元年の死去まで第一線で作品を発表し続けたのでした。以上のことから存命中でありながら「漫画の神様」と評されるほどの人物となるのでした。

本名 手塚治
生誕 昭和3年11月3日
大阪府豊能郡豊中町(現・豊中市)
死没 平成元年2月9日(満60歳没)
東京都千代田区麹町
国籍 日本
仕事 漫画家、アニメーター
活躍期間 昭和21年-昭和63年

代表作

鉄腕アトム

 手塚治虫作品の中で最も有名な作品と言えばこの作品の他に無いかと思われます。それが、この鉄腕アトムです。21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合となる)エネルギーで動く、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語です。これは後に浦沢直樹によってPLUTOとしてリメイクされるなど、後輩漫画家などにも大きな影響を与えた作品であり、さらに、日本初の連続テレビアニメの始まりもこの鉄腕アトムからだったのです。米題は『ASTROBOY(アストロ・ボーイ)』として放映され、海外のファンも非常に多いそうです。

 本作は、昭和26年(1951年)4月から、翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、昭和27年(1952年)4月から昭和43年(1968年)にかけて、「少年」(光文社)に連載され、昭和38年(1963年)から昭和41年(1966年)にかけてフジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとしてアニメ化されました。このアニメ第1作は平均視聴率30%を超える人気を博し、昭和56年には、本作が出版数の累計が1億冊を突破しました。

昭和55年(1980年)に日本テレビ系でカラー版の『鉄腕アトム(アニメ第2作)』が制作され、さらに1作目と同じくフジテレビ系にて平成15年(2003年)に『ASTROBOY鉄腕アトム』として、2回目のリメイクが放映、平成21年にはCG映画『ATOM』が公開されています。

 また今の日本のロボット工学学者たちにの中には幼少時代に『鉄腕アトム』に触れたことがロボット技術者を志すきっかけとなっている者もかなり多く、今の日本の高水準のロボット技術力にはこの作品の貢献が大きいともいえます。

ジャングル大帝

 手塚治虫が本格的に有名になり始めたのは、このジャングル大帝が起因となっていると言われています。これまで大阪在住の医学生時代、手塚治虫は単行本の描き下ろしを中心として活動してきましたが、これにより連載の世界へと入って行くこととなります。学童社の月刊漫画誌である「漫画少年」に昭和25年(1950年)11月号から昭和29年(1954年)4月号にかけて全43回を連載することとなるのです。元々この作品は『密林大帝』として単行本で描き下ろす予定だったのですが、上京して偶然訪れた学童社の加藤謙一編集長の奨めで連載することになった経緯を持ちます。連載開始時は4ページ、第2回からは扉ページのついた10ページに拡大になり、連載中は最大で16ページになるなど「漫画少年」の看板作品として君臨していくこととなりました。それ以降の手塚は、単行本描き下ろしから、月刊漫画誌に仕事を切り替え、大学卒業後は漫画家に集中していくこととなります。昭和27年に『鉄腕アトム』を「少年」で連載を始めるまで、少年誌での手塚のメジャーな仕事が本作と」なるわけです。これは他の手塚作品とくらべて毒気が少ない作品であったため、四度にわたりアニメ化され、世代を越えた認知度を持つようになります。

 また、本作は大のディズニーファンである手塚が、ディズニーのアニメーション映画『バンビ』に影響を受けて本作を描いたと言われておりますが、その後にディズニー本家がアニメ版『ジャングル大帝』で育ったクリエイターによりアニメ映画『ライオン・キング』(平成6年公開)が制作されたのではないかと指摘されています。

リボンの騎士

 このリボンの騎士は、手塚治虫が漫画家として活躍を始めた初期の頃から晩年まで手がけられていて、手塚治虫のライフワークとも言われている作品です。古代から超未来まで、日本を主とした地球や宇宙を舞台に、生命の本質・人間の愚行・愛といった物をテーマにして、手塚治虫自身の思想を壮大なスケールで描いたもので、この作品に後世の漫画家達の殆どが影響を受けたとされています。

 また漫画の表現としても非常に新時代を行っていたもので、男装女子、ボクっ娘、ネコ耳という要素を真っ先にやり始めたのも本作ですし、また美少女アニメシリーズの元祖となるのも本作リボンの騎士です。そんなリボンの騎士が、最初に連載されたのは昭和29年(1954年)、学童社の『漫画少年』の「黎明編」だったのですが、学童社はその後約1年ほどで破産、この「黎明編」は未完に終わります。

 その後、「エジプト編」・「ギリシャ編」・「ローマ編」が『少女クラブ』に連載され、それより後の作品は、水木しげるの『ガロ』を妬んで作った漫画雑誌『COM』や、『マンガ少年』、『野性時代』にて連載されました。掲載誌が次々と廃刊・休刊することから、当時の出版業界では、本作が掲載されると廃刊になるという噂が立つほどでした。

 『COM』より後の作品は、過去と未来が交互に描かれ、だんだん現代に近づいていくという構成になっていて、最後は現代を舞台とした物語になるはずでした。ハッピーエンドは少なく、主人公たちは悩み、苦しみ、闘い、運命に翻弄され続けるという作風になることが多く、いずれは『鉄腕アトム』等の代表作と繋げていく予定でしたが、結局は実現しませんでした。

どろろ

 時代劇で妖怪物、というかなり特殊なジャンルとして発表された本作ですが、手塚治虫の作品の中では珍しく、当時の読者に受け入れなかった作品です。また打ち切りとアニメ化に伴う再開と掲載誌の変更もあったが相変わらず不人気で構想の通りのラストまで描けず、打ち切りによくあるナレーションで今後の結末を示すという形で幕を引くこととなりました。内容自体は手塚得意のバラエティ豊かなドラマ作品で、特に戦争に対する庶民の怒りについて語っている物で、1つの村が隣国同士の争いに巻き込まれて「ばんもん」という壁に分断されてしまう『ばんもんの章』はベルリンの壁や板門店に対する強烈な風刺を描いています。

 テレビアニメは『どろろと百鬼丸』と、ヒーローキャラである百鬼丸をうたった作品変更がなされて放映されました。しかし、これは、全身に欠損を持つ一種の障害者と盗賊の孤児が主人公ということで、障害者差別等微妙な問題が多く、再放送などに関しては地上波では殆どなされていないそうです。

 こうしたかなり不遇な運命を辿った作品なのですが、奪われた体を取り戻すために妖怪と戦いながら冒険するという秀逸な設定や、義手、義足の中に刀や爆薬等の武器を仕込んだ主人公という見事なアイディア等により、カルト的なファンを生みもしました。特に『新宿鮫』シリーズでしられる大沢在昌も「手塚作品の中で最も好きな作品」と語っており、様々な作家や、漫画家に影響を与えた作品としては非常に有名な作品です。

ブラック・ジャック

 もはや手塚治虫のこの作品を知らない人はいないかと思いますが、当時流行していた劇画という物を、手塚治虫流に消化して、高い物語性なども含めて、ロングセラーとなった作品です。

 主人公は、黒いマント姿にツギハギの顔の天才無免許医師ブラック・ジャック。法外な料金を代償に、様々な怪我や難病を治療してゆく人間ドラマなのですが、本作は20ページ前後の一話完結型作品で、主人公のBJにまつわる話や、当時の医療現場の問題点など、主人公の周囲の様々な人物の悲喜劇も描かれます。その為BJが常に主役という位置づけでない事が多く、狂言回しや端役として登場するという事がほとんどでした。

 本作には、医学的リアリティと大胆なフィクションが並存していますが、これは医学的事実よりももっと物語性を優先した、手塚の作劇術の一環で、異星人やミイラ、幽霊、感情を持つコンピュータを手術する等という突飛な設定の話も存在しています。また中には架空の病気も登場したり、BJやピノコの医学的設定も現代の医療技術をも超越しています。その人気とクオリティも相まってか、単行本の発行部数に関しては手塚の他作品を大きく引き離しています。まさしく代表作と呼ぶにふさわしい作品です。

三つ目がとおる

 本作は『週刊少年マガジン』にて昭和49年から昭和53年3月まで連載していた作品ですが、昭和40年の“W3事件”によってしばらくの間『週刊少年マガジン』及び講談社と関係が絶たれていた手塚治虫が久し振りに『週刊少年マガジン』に登場した作品が本作となります。そのW3事件ですが、当時手塚治虫はマガジンにて『W3(ワンダースリー)』という漫画を連載していたものの、しばらくして勝手にライバル誌のサンデーへと移籍してしまうのです。どうやらこれは自分の作品をマガジンのとある作品に盗作されたことが原因だったらしく、その後マガジン側も「もう手塚治虫なんて時代遅れだ。いらない!」と激怒し、双方決裂してしまっていたそうです。

 そんな仲直りの一作になった三つ目がとおるですが、松本清張の『火の路』に触発されて生まれ、昭和45年代の超能力、超古代文明を含むオカルトブームを手塚流に昇華し人気作品となりました。

 当時、少年漫画誌での人気が下がっていた手塚治虫が復帰を遂げたのは、本作と『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)連載の『ブラック・ジャック』によるもの、と位置付けられています。昭和52年に『ブラック・ジャック』と本作により手塚は第1回講談社漫画賞を受賞。同年には、講談社から全300巻の『手塚治虫漫画全集』が刊行開始される等、手塚と講談社の関係は修復されました。

手塚治虫のエピソード

資料の話

 かなり有名な話ですが、手塚治虫は一時期九州へと大脱走してしまったという話があります。勿論マンガを書くのに必要な道具を持って言ったもののその際に資料などは一切持っていなかったそうで、これは海外逃亡を果たした際にも同様だったそうです。むしろ常日頃からマンガを描く際に資料を見ること自体がほとんど稀だとのことで、本当に恐るべき記憶力だったとされています。

 特に海外の国際交流基金のイベントに参加した時に、そのイベントの日程が原稿の締め切りと被ってしまった際に、アシスタントに指示を出し、背景だけの原稿を描かせ、先生が描いた原稿と貼りあわせて、完成させるという荒業をやってのけていますが、全く資料も持たずに行った海外から電話一本で、自分が昔書いた作品の背景を元に1ページ1ページ的確に指示し(自分の描いたマンガの背景と内容をページ数も含めて全て覚えていた)、ファックスの無い時代に背景原稿を口頭で送ったという逸話まであるのです。

アニメ界への影響

 彼が業界にもたらした影響は決していいものばかりではありません。特に問題とされているのはアニメ業界への悪影響だと言われております。特に彼は異常なほど絵を描くのが早かったことも理由の一つとして上げられていますが、「これからはテレビアニメの時代だ。日本全国のお茶の間にテレビアニメを届けるのだ。それこそがこれからの日本文化の進むべき道だ!」と情熱に燃える手塚さんは、東映であれば貧血で死亡しそうな程の出血大サービスの予算でTVアニメを受けてしまいます。宮崎駿氏の証言によると、その料金は一話あたり五〇万という異常な程の安値で、「手塚さんがもうちょっと我慢すれば、テレビアニメ制作費の相場も、ずっとましなものになったのに」というのは業界人であれば誰もが口にする言葉だと言えるでしょう。特に宮崎駿氏に関しては手塚先生が亡くなったときに死人にムチをを打つような文章を書いて話題になりました。これは手塚治虫氏が一人ですべてに関われるような枚数にするために予算を抑えたとのことなのですが、これを期に、テレビ業界は、「アニメは安くて稼げる」といった間違った印象を抱いてしまい「手塚さんがこの値段で受けてるんだから」と他の業界人にもこれが波及していく結果となったと言われております。

 しかし、これに対して手塚治虫は「僕のせいで制作費が安いなんて冗談じゃない!」「自分は低予算と一週間という制約の中で作れるアニメを作っただけ」と反論しているのですが、結果として自分のマンガの収入をアニメの制作費に当てていたという事実もあり、これによってTVアニメの制作費が長年にわたって低くとどまっていったのはある意味では本当の事だったのではないかと思います。

受賞

第3回小学館漫画賞
『漫画生物学』『びいこちゃん』
第1回講談社出版文化賞児童まんが部門
『火の鳥』
第28回ヴェネツィア国際映画祭サンマルコ銀獅子賞
劇場アニメ『ジャングル大帝』
第4回日本漫画家協会賞特別優秀賞
『ブラック・ジャック』
第1回広島国際アニメーションフェスティバルグランプリ
『おんぼろフィルム』
第21回文藝春秋漫画賞
『ブッダ』『動物つれづれ草』
第1回講談社漫画賞少年部門
『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』
第29回小学館漫画賞
『陽だまりの樹』
第10回講談社漫画賞一般部門
『アドルフに告ぐ』
第10回日本SF大賞特別賞受賞
第19回日本漫画家協会賞文部大臣賞、勲三等瑞宝章他
手塚治虫の一生

不朽の名作//